Saki Sakurai

檻の中

2021.03.13

わたしは、父の期待どおりに生きられなかった、父の恥ずべき存在なんだと、ずっと思ってきました。

でも、あるときヒーリング・ワークで、父のスピリットから「自由に羽ばたきなさい。そんな枠などどこにもないのだから」とメッセージを受け取ったとき、あぁそうか、わたしは自分で自分を閉じ込めるために、父にそういう役を演じさせていたのだな、と知りました。恥ずべき存在と思っていたのは、自分なのです。

それを知ったとき、父に抱いていた「父とはこういう人」というイメージが消えてしまいました。父が、わたしを癒やしてくれました。