Saki Sakurai

クリエイティブな存在

2021.12.12

いまここ、この瞬間にすべての力があります。無限の力があります。

過去のあの時点でこうすればよかった、あの心の傷がいまだに疼くなどといったことには意味はありません。

また、未来に~~ならないように今のうちに~~しておこう、ということにも意味はありません。

なぜなら、過去も未来も存在しないからです。時間は、罪悪感を継続させるための装置です。

過去(罪)ー今(罪悪感)ー未来(恐れ)

罪悪感がなければ、わたしたちは時間から解放されます。この夢から目覚めます。

わたしたちは目覚めないでいられるように、過去のあれこれを想起して憂いたり、未来のことで心配になったりします。すべての問題は、目覚めないでいるためのものです。それは、いまこの瞬間にある無限の力、クリエイティビティを拒むことです。

クリエイティビティとは、何かを作ることとは無関係です。芸術家の生み出すものとは無関係です。クリエイティビティとは、わたしたち全員が持っているものです。というより、クリエイティブな存在、状態がわたしたちです。

よし、クリエイティブな自分を受け入れよう!!と気合を入れても、無理です。クリエイティビティとは、1人で何かをバリバリと成し遂げることではありません。

誰かとの、何かとの関係性の中でしかクリエイティビティは目撃されません。なぜなら、関係性しか実在していないから。クリエイティブな存在であるためには、誰かと一緒に、本当にそこにあるものを見ることです。

つまり、ゆるし、つまり、奇跡のコースを学ぶことです。