Saki Sakurai

仕事なんて無駄?

2022.08.30

スピリチュアルなジャーニーのなかで、仕事することが無意味に感じて、スピリチュアルのことだけ(瞑想したり、経典よんだり???)して過ごしたいのよわたしは。って思う時期があるかもしれません。

わたしも20代半ばからわりとずっとそんな感じでした。

こんな俗世の仕事になんの意味があるの?とずっと思ってました。家事もやっぱり無意味に感じていました。

同じくスピリチュアルジャーニーのなかでわたしたちは、よく「わたしの生まれてきた意味って??」「わたしの使命ってなに?」とよく尋ねますけれど生まれてきた意味とか、使命とかってないです。

この世界にも、”わたしの人生”にも意味はないです。無です。

でも強いて言うなら、人生の目的は本当の自分を知ることです。

そして、本当の自分を知るということは、自分だけの使命とか、自分にしかない隠れた才能とか、自分の自分の自分の自分の〜〜〜というものでなくて、みんなを知るということです。自分なんていなかった、と知ることです。

それを知ったとき、もうわたしの使命は?なんて考えなくなります。わたしの〜なんて概念がなくなります。わたしが持っていて、あなたが持っていないものなんてないことがわかるからです。「これがわたしの強みよ」なんて思わなくなるのです。

パラドックスですが、そのような心は、今や課していた制限が取り払われて、自由に飛翔できるのでどんどんその人らしさが開花していきます。その人のパーソナリティ、キャラクターを使ってホーリースピリットがどんどん”真のわたしたち”をこの世界で表現していきます。

その人の輝きに、大勢の人が引きつけられます。自分の聖性をその人のなかに見るから。

その人は普通に仕事して、普通に家事をして、普通に子育てをするでしょう。

でも、その人の心は神とつながっています。何をしていても、神への捧げ物です。

仕事で時間を切り売りしてるとか、家族のために家事してあげているとかそういう考えはその人には考えもつきません。感謝の心で、させていただきます。

その人にとってはもはや何をやるかはまったく問題ではありません。

誰といるか、だけが大事です。

そう、ホーリースピリットを選んでいることだけが幸せだと知ったからです。